主人の薄毛改善のためにできるかぎり協力しました。

主人は40代を迎えた頃から、急に額のあたりから少しずつ髪の毛が薄くなり始めました。
その頃主人は仕事でかなりのストレスを抱えており、残業も多くて帰宅時間も遅く、十分な休息を取れていませんでした。
本人も髪の毛を気にしている様子でしたが、そんな事よりも仕事の忙しさの方が大変だったみたいです。
私もいくら夫婦といえども、その件には触れてはいけないと思い、そっとしておきました。
しかし高校生の娘は正直です。「パパ、最近、髪の毛薄くなってきたんじゃない」などと最も言ってはいけない一言を発してしまいました。
娘にそんな事を言われたので、本人はいたく気にしてしまったようです。
それから本格的に育毛対策を始めました。

まずは育毛剤。お風呂上がりにシューッとやってました。
目撃するまではお風呂あがりに育毛剤使ってる事なんて気づきませんでしたが。
それを気に私も育毛剤についてインターネットや薬局などで見てみました。
キャピキシルという成分が育毛成分として効果が高いことが科学的に証明されているミノキシジルよりもはるかに効果が高いということでインターネットでは大きな話題になっています。
メーカーなどが公表しているデーターですとキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果があるということになっています。
ミノキシジルに比べると副作用が出ないということも売りになっており、それが事実であるならばかなり期待できる育毛成分であるといえます。

しかし、個人的にまだまだ育毛成分としては疑いの目で見ていることもあります。
それは今までにもこのような新成分が出たことがあるようですし、実際に使ってみた人の口コミも見ましたが足するような効果が現れたとかいてありました。

インターネットの評価は本当であるのか、ステマなのかなかなかわかりにくいことがあるので、もう少ししっかりした効果が解るまではじっくりとどのような新成分なのか見定めた方がいいかもしれませんね。
自分にあった育毛剤を見つける事が一番です。
>>>売れている育毛剤の口コミや効果を徹底調査

そしてシャンプーをするときに専用ブラシを使って、頭皮マッサージなどもしていましたよ。
私も食事には気を使って、髪に良いというたんぱく質、ビタミン類、亜鉛などバランスの良い食材を使っていました。
長い目で見て生活習慣の改善や頭皮に程よい刺激で、血行が良くなり毛穴に詰まった汚れや老廃物が取り除かれることによってだいぶ効果が出てきたと思います。

何より旦那の薄毛の原因が激務によるストレスや不眠による物の影響が大きかったようです。
仕事があまり忙しくなくなり残業も無くなって、仕事でストレスからを受けなくなった頃から、あんなに気にしていた額の薄毛が気持ち改善してきたのです。
一時よりはだいぶ育毛剤やマッサージ、食生活や生活習慣の改善、ストレスを軽減させた事で効果が出てきたのかなと思います。
このまま良い習慣を心がけていけば、若い頃までとはやはり行きませんが(笑)今よりフサフサになっているでしょうか。期待しています。